大波の会 日記

2012年 06月 18日 ( 1 )

今こそ、問われる問題点

H23・3・11の東日本大震災・・・

津波・・・それはまるで映画のような恐ろしい現実だった。

そして原発事故・・・・・

あれから早くも一年以上が経過していますが・・・
亡くなられた人たちのご家族の悲しみや、悔しさ、憤りの無い気持ちは言葉ではとても言い尽くせませんし、時とともに風化していくようなそんな出来事ではないでしょう・・・・。

あのときから時間が止まってしまった人・・・
一歩も前に進めない人・・・・
でも一生懸命何とか少しづつ前を向いて生きていこうとし始めている人たちもいる。

そして、同様にあの時、不幸にも亡くなってしまった動物達もいる。
あの時は何とか生きながらえたものの餓死してしまった子達 。
運良く?!レスキューされ、保護された子達。
今なお、ギリギリの中で必死にも生き伸びてる子達。

幸か、不幸か様々な分かれ道がある中で、保護された被災動物達は今どんな生活をしているのか…

一時は 保護された子達をほんとに良かったと喜べたものの、その数はあまりにも多くて・・・・・
みんな、そのうちいつか飼い主の元に帰れるであろうと、一時保護のつもりで保護した個人さん。
その時は寄付も何とか一気に集まるであろうと判断の下、レスキューに踏み込み、被災動物をひたすら助けたボランティア団体。
でも、それには世話を継続していくための経費、人材、労力があまりにもたくさん必要で、それは長くなれば長くなるほど、人の意識は薄れ、ボランティアもそう長くは続かない人も多いわけで、動物達の生活のその後、『今』が気になるところです。

小さな狭いゲージに閉じ込められたまま、散歩もろくに行ってもらえない状況の犬たちがいる。
保護されたものの、個人では結局、養育の継続に困って、保健所に送られる命もある。

うちは自ら名乗りを上げて行動するような余裕は無かったし、毎日テレビで観るニュースに気持ちだけが先行して苦しい状況でしたが、結局被災動物がらみでのレスキュー依頼の中で、ほんの少しの預かり枠を預かりさんに何人かお願いをして、一時的に保護をするというくらいの協力なら・・・と受け入れをしようと段取りをしていたものの、そのどれもが、話が2転3転して、振り回され、結局話が無くなったり、その他には、挙句に当日すっぽかされてしまうというような良くわからない状態で、預かり様皆様には非常にご迷惑をかけてしまったりしたわけで・・・・。

そんなこんなで何もしてないうちが言えることでもないのですが、あえて、言わせてもらいたい。

今、被災動物のレスキューの質が問われる時ではないのでしょうか?
「保護」は、ある意味誰にだってできます。
そのときの一時の感情だけで、はじめの一歩さえ踏み出す「行動」にさえ移せれば。
でも、保護したら・・・一生面倒を見ていかなくてはならない「かも知れない」という重大なことを念頭に置いた上で、大きな責任がでてきます。

長期的に面倒を見て、十分なケアをする。
これは本当に大変なことです。
たとえ1匹でも。


なのに、それが数十匹、数百匹という保護に乗り出すということは・・・
並大抵の覚悟ではありません。

保護動物のすべての子が、1年以内で里親がつき、あるいは寿命がきて次々と亡くなって頭数が減っていくという保証は何処にもありません。
何年も、、いえ、十数年生きる子もいるわけです。

これは大問題な現実です。

生きてる限り、日々、莫大な費用を費やし、お世話にかける十分な時間と、労力、そして人手が必要となってくるのです。

被災動物は、哀しいかな、トラウマを持ってる子も多いし、心に深い傷を負っている子も多いわけで、その精神的ケアも当然必要であったり、安易にもらわれるような子ばかりではないはずです。
ただでさえ残っていく子が多い中で、保護された犬から保護先で新しい命が生まれてくることが許されていいのでしょうか?
ただでさえ、手をかけてやらないといけない保護動物がいるというのに、

保護団体のシェルター内で、それを許すとは・・・・?

被災動物が奇跡的に助けられ、そんな環境下で新たな命を生み出すことを美談にでもするつもりでしょうか?
あたしはレスキューする者の端くれとして、自ら手を差し伸べた命を今後も大切にケアしていかなければいけないという信念があることを前提において考えた場合、そこに、(妊娠していることを知りながら、生ませ、増やすことに)大きな不信感と疑問を感じます。
いっぱいいっぱいの苦しい現状の中、今やるべきことをおろそかにしてまで、新たな命を生み出すことに加担する行為に明るい前途が見えますか?
レスキューし、保護した動物たちを、どういった形で、犬らしさを取り戻させ、ケアし、生かせていくのか。

今こそ、長期ケアの質をどう保っていくかが問われていくと思います。

大切なのは、保護や、里子に出す「数」ではなく、1匹、1匹を「どうケアし、扱うか」

    -  すべては「質」の問題  -

数だけにとらわれてしまうと、どうしても質が保てなくなってしまうのは当然。
時間との戦いになり、見るべきものが見えなくなって、本質がみえなくなってくる。

    -  何のために保護したのか  -

ぎりぎりの食べ物にしかありつけないけど、いつも自由で、好き勝手に仲間と動ける動物か、食べ物はもらえるけど、狭い檻の中だけの生活や、暑くて寒い場所にいつもつながれ自由のまったくない生活を強いられる動物。

どっちが幸せなんでしょうか・・・・?

あたしはどっちも嫌!!

だからこそ、どうせ助けるなら、よりよい環境を与えてやらないと「保護する意味がない」と思ってる。

だけど、悔しいことに、できることにもそれぞれの限界があることも踏まえて・・・・・
★★★------------------------★★★

お時間のある方、身近なところで、たくさんの被災動物を保護している団体はありませんか?
直接そこに足を運んで、自分の目で見て、確かめて、動物が今いったいどんな暮らしをしているのかを判断してください。
あなたがもし手を貸せるなら、動物達が大変そうだと感じたらお手伝いをしたり、お世話をしてあげてください。

そして、よーく考えて、もしもたとえ1匹でも家族に迎えられる覚悟がもてるなら、里親さんとしてそこから家族として迎え入れてあげてください。

そして、そこにいるよりもっともっといい生活をさせてやってください。

【お礼】
ミズノ様、いつもご寄付ご支援ありがとうございますm(_ _)m
前岡様、子猫用フード等ありがとうございましたm(_ _)m

【物資ご協力のお願い】
★山のシロ用フード
(オシッコの問題があり現在ペーパーコントロールになりました)
ロイヤルカナン犬用phコントロール・スペシャル→こちらから購入できます
ロイヤルカナン犬用phコントロール→こちらから購入できます
ロイヤルカナン犬用phコントロール・ライト→こちらから購入できます
f0146804_2140747.jpg


★山の犬ししまる用ペットシート
デオシートのスーパーワイド60×90
f0146804_2140552.jpg

(毎月7~8袋必要となっています)
かなりまとまった量のオシッコをするので吸収率の高い分厚いものでないと床にしみてしまいますので、薄いものだと二枚敷しないといけない状況となります。
販売店参考はこちら
ご協力よろしくお願い致しますm(_ _)m

バザーで使う、日よけのパラソルは引き続き募集を継続しています(詳細はこちらへ)。
****************************************
毎月恒例の譲渡会を開催致します。
日時:6月24日(日) 11:00~16:00
場所:こちらをご覧下さい。

会場は屋根付きのため雨天も実施致します。

****************************************
[PR]
by onaminokai | 2012-06-18 21:52 | 雑記



京都を拠点とする犬・猫のレスキュー日誌
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venushack.co..
from venushack.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧