大波の会 日記

<   2012年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ついに発売

『本の表紙』以前に紹介しました(こちらの記事)ことなんですが、遂に発売されました~
うちの管理人が自分の愛犬を撮った画像が表紙に使われることとなり、外国で発売されてます。
一冊の本です。
f0146804_21541825.jpg

が、むこうのものだから残念ながら全てが英語!
読める方は是非買ってよんで下さいm(_ _)m
犬と人間のエピソードを集めた本の表紙です!
THE DIVINITY OF DOGS
著者:Jennifer Skiff

日本のアマゾンで購入できます(今は在庫切れのようですが)

もちろん米アマゾンでも購入可能です
アメリカでは結構売れているそうです。

ちなみに、この本とタイアップ企画で、犬の気分を落ち着かせる音楽のCDも発売になってます→こちら参照

このCDは日本のアマゾンでは販売していないようです。

【お礼】
川口様、バザー物資ありがとうございました。


★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
***************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-31 22:03 | お知らせ

バザー雨天延期&譲渡会

昨日は雨でバザーも中止になったので、譲渡会に行きました~。
ひまではありましたが、猫の里親様希望と犬の里親様希望の方たちが来て下さいました。
来週お見合い予定です。
譲渡会会場には里子にでたピレネーのパウくんと、ゴンの預かり様が遊びに来てくれました~。
f0146804_21583365.jpg

f0146804_21582968.jpg

f0146804_21582745.jpg

f0146804_21582463.jpg

なお、京都市役所前バザーは11月11日(日)に延期となりました(雨天の場合は中止となります)。

【お礼】
高田様、バザー物資の提供ありがとうございました。

★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
***************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-29 22:00 | 活動日記

環境省:中央環境審議会動物愛護部会(第34回)の開催

↓以下は[ALIVE-news]より転載です↓

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆11/6環境省動物愛護部会について┃2012.10.25
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

環境省より以下の発表がありましたのでお知らせします。

---------------------------------------------
環境省:
中央環境審議会動物愛護部会(第34回)の開催について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15869


中央環境審議会動物愛護部会(第34回)を平成24年11月6日(火)
に開催します。本部会は公開で行われますので、傍聴を希望される方は、
下記によりお申し込みください。

1.日時
平成24年11月6日(火)15:00~18:00

2.場所
環境省第1会議室(中央合同庁舎5号館22階)
東京都千代田区霞ヶ関1-2-2

3.議題(予定)
虐待のおそれのある場合について
引取りを拒否できる場合について
その他改正法に係る基準等の案について
特定動物の許可基準について

4.傍聴
 上記会議は公開で行います。傍聴を希望される方は、10月30日
(火)17時必着で、裏面の申込先まで電子メール又はFAXにてお
申し込みください。


■傍聴申込先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室内 中央環境審議会動物愛護
部会事務局
電子メール:shizen-some@env.go.jp 
FAX:03-3508-9278
 (傍聴に関するお問い合わせ)
  電話:03-3581-3351(内線6657) (担当:小林、岡部)


■記載事項
「第34回中央環境審議会動物愛護部会の傍聴希望」と明記
(電子メールの場合は件名欄に記載)
氏名(フリガナ)
連絡先の住所、電話番号、電子メールアドレス
(携帯電話のメールアドレスは不可)又はFAX番号、
勤務先又は所属団体
傍聴を希望する会議の日時を必ず明記してください。(例:11/6希望)


■留意事項
複数名の申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。
傍聴希望者が多数の場合は抽選といたします。
なお、当選の発表は傍聴券の発送をもって代えさせていただきます。
傍聴券は当日必ずお持ちくださるようお願いいたします。
(電子メールで申し込まれた方は、こちらからの返信を印刷の上、
御持参ください。)
申込者の代理の傍聴は認めません。
確実に出席できる方のみお申し込み下さい。
会議の開始までに会場へご入場ください。


■傍聴にあたっての注意事項
会場内への入室は、会議開始15分前からご案内します。
プラカード、のぼりなどを携帯し、又はたすき、ゼッケンなど会議に
ふさわしくない衣服を着用している方は、会場への入室を
ご遠慮いただきます。
会場内では私語を控え、指定された席で静かに傍聴してください。
発言などについては認められておりません。また、
会場周辺での大きな声での会話も、迷惑となりますのでお控えください。
携帯電話などの電源はお切りいただきますようお願いいたします。
会場内において、写真撮影、ビデオ撮影及び録音をすることはできません。
その他、事務局の指示に従うようお願いします。


■報道関係者の方へ
(略)



連絡先
環境省自然環境局総務課
動物愛護管理室
代表   :03-3581-3351
室長   :田邉 仁   (内線6651)
室長補佐:小西 豊   (内線6655)
担当   :岡部 佳容 (内線6657)

お問い合わせ等は、以下のアドレスへお送りください。
***********************************
NPO法人地球生物会議(ALIVE) 事務局
TEL:03-5978-6272 FAX:03-5978-6273
e-mail:alive-office@alive-net.net
(メールを送る場合は@を小文字の@に直して下さい)
http://www.alive-net.net/
***********************************

↑転載ここまで↑


★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
****************************************
バザーに出店します。
場所:京都市役所前広場
    
日時:10月28日(日) 10:00~16:00 譲渡会と同日です

皆様是非お越し下さい。
雨天の場合は11月11日(日)に延期

また、商品が少なくなってきています。
頑張って売りますので、是非とも物資のご協力よろしくおねがい致します(送り先等の詳細は下記HP参照下さい)。
****************************************
毎月恒例の譲渡会を開催致します。
日時:10月28日(日) 11:00~16:00 バザーと同日です
場所:こちらをご覧下さい。

会場は屋根付きのため雨天も実施致します。
****************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-27 22:20 | ニュース紹介

山の猫達

そろそろ寒くなるので、山の猫たちの冬支度をする前にと先日様子を見に行ってきました。
急に寒くなってきたために、風邪気味の子たちも何匹か居たりしてまた体調壊してなくなる子も居るんだろうなと思うと…いやな気分になります。
山にほとんど毎日きてるおじさんに聞くと、何日か前にも姿があまり見えないと思っていたらふらふらと現れ、少しだけ食べて次の日におじさんの目に付くところで亡くなっていたらしい。
その子は大人になってから捨てられて、まだ山に来て3ヶ月くらいしか経ってないくらいの子だったのです。
♂だったし、おじさんには慣れていたので時期を見てそろそろ秋に去勢手術をする予定でいた子だったので…
つくづく、手術して痛い思いさせた後でなくてよかったと思わずにはいられなかった。
f0146804_2245049.jpg

f0146804_2244948.jpg

f0146804_2244789.jpg

f0146804_2244528.jpg

だから最近は、雄雌の両方でいない限りはすぐに手術はしないで様子見をしながら体調も見てしていくことにしてます。
あの山で生きていくこと…無事に生き延びて行くこと自体が非常に困難なわけたがら、元気でしばらく暮らせてからでないと、あまりにも可哀想すぎますからね。
捨てられてからこちらが保護して飼えるのであれば、すぐにしてもあとの生活に不安はないけど、術後急変することもあるでしょうから、気を遣います。

画像の中の一匹も子猫で捨てられたんです。
8月の終わりくらいで、まだかなり小さかった時で…。
あたしが山に行ったのはそれから10日ほどだったころでね。
季節的に過ごしやすい頃だと言うこともあり、あたしは保護には踏み切れずそこで生き延びてくれるよう願うしかなかった。
ガリガリだったらしいその子は、あたしが行ったときには初めは会えずだったけど20日くらい経ってからの事でしたから普通にガリガリ君からは脱出していたようだった。
今はずいぶん大きくはなったけどまだ細めですね。
めっきり寒くなってきたから風邪気味で、このままではまた体調崩して冬を越せるかどうか…。
このままメスがいないなら春先まで手術は見送りたいとこだけど、また新たに捨てられた子があるとそうも言ってられないんですけどね…。

大概警察にも行ってるけど、また直接行って話もしないといけないんですよね。

捨てるの、
犯罪ですから!

数日前もまたキャリーバッグに入れたまま捨てられてたらしく…あたしはおじさんから電話留守電に入ってたのを聞いたのですが、あいにく仕事で夕方までは全く動けずでおじさんは携帯も持ってないので連絡のしようもないので詳しい事はわからないけど、3日経ちます。
多分子猫ではないようだし、明らかに飼い猫みたいだし、この時期に捨てに来るとはほんとに許せない!
ずっと室内で長年暮らしてきてた子だとしたら多分この冬は生き延びられる訳ないでしょう…。

ったく、どういう気なんだろうか!!

捨てるならせめて夏にしろよ!
山には沢山の日陰はあるから少なくとも風邪を悪化させて死ぬことはないはず。
もちろん、他の病気、エイズや白血病には感染させられる危険性は大きいですし、ケンカや縄張り争いで負けて野垂れ死んでしまうことも大いにありますけど…。

とにかく!!何でもかんでも、いつでも誰かが保護してくれると思うなって話です!!

いつも言うように、その猫をすぐにでも保護に踏み切れるならばどんなに楽かはわからない。
でももし、保護しても、里親さんがみつからなかったり、病気もちだったりして、(自分が飼えないにしても)その猫のお世話を誰かにお願いする等、他人にみてもらうとして、金銭的な責任が(寄付のあるなしに頼ることなく)あたし自身、一生その猫の責任が持てるならば、即座に保護し連れ帰ります。
が、もう無理なんですよ。
寄付はあればラッキー、なければ自腹覚悟の小さな会ですから、見て保護できないというしんどさは半端ないです。

この山の現場の猫たちに関わってから、七年位経つでしょうか…。
その間に捨てられてた猫の数は20匹は越えてるでしょう。
うち、運良く、タイミングよく保護できた子も何匹かはいます。
でも全部連れて帰っていたら、多分今のあたしの生活はボロボロだったはずで、人任せになり、結局おしつけになって無責任な保護主となっていたことでしょう。
捨てることは、特にこの時期はその猫に『死ね』といってるのと同じだし、仮にずっと室内猫として家で飼ってたとするなら、まさかこの時期に普通にここで生きて行けるものだと本気で思って捨てたとしたら …ほんとに馬鹿で甘過ぎだし、この山の冬の厳しさをわかってなさ過ぎ。
自分が1日冬の山にこもって見ろよって感じです。
どこの誰が捨てたかは知らないけど、そんな人間は間違いなくあたしの中の地獄行きリストに追加させてもらいましょう。
生きている間はせいぜい何をしてもうまく行かないという、意味のわからない得体のしれない不幸に見舞われるますよう心からお祈り申し上げますm(_ _)m
たとえどんな理由があるにしても、一度飼ってた命を簡単に捨てるような粗末にする行為が正しいわけがありません。

苦しんでもらいましょう。

その猫はこちらで山でのできる限りのことをして、運良く春を迎えてもらうほかありません。
そんな猫たちなら飼いたいと言われれる方がいましたらぜひ名乗り出ていただきたいと思います。
初めの検査、ワクチン等は全てこちらで責任を持ちます。
が、山の猫たちですから、何があっても覚悟で受け入れて頂けるなら、ということです。よろしくお願いしますm(_ _)m

【お礼】
松田様、バザー物資ありがとうございました。
ミズノ様、いつもご寄付ありがとうございますm(_ _)m

★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
****************************************
バザーに出店します。
場所:京都市役所前広場
    
日時:10月28日(日) 10:00~16:00 譲渡会と同日です

皆様是非お越し下さい。
雨天の場合は11月11日(日)に延期

また、商品が少なくなってきています。
頑張って売りますので、是非とも物資のご協力よろしくおねがい致します(送り先等の詳細は下記HP参照下さい)。
****************************************
毎月恒例の譲渡会を開催致します。
日時:10月28日(日) 11:00~16:00 バザーと同日です
場所:こちらをご覧下さい。

会場は屋根付きのため雨天も実施致します。
****************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-25 22:09 | 怒り

15歳の犬を放棄する飼い主

そのシーズーは15歳の♂

愛情はとてもかけられていたようには見えない頑固で寂しがり屋の愛情に飢えた犬。
あまりにも構われすぎず相手にされず、こっちを見てとばかりに吠える声はかなり野太くうるさいため、何度も叩かれたことでしょう。
そしていつの間にか恐怖心から噛むと言うことも覚えてしまったのでしょう。
それからは、哀しいことに逆効果で、なおさら構われなくなったんでしょうね。
毛の手入れはされることなく、毛玉はひどく、その子に遣うお金も惜しくなったんでしょう。
トリミングに八千円はかかるからもう無理だと言い出した。
数ヶ月も手入れをしないから毛玉ができ、結局余計に高くとられるという悪循環… 。
遂にやっかいものの邪魔者はいらなくなったというわけです。
60過ぎくらいのその夫婦はたまたま近所に住む犬好きなその人に『この犬もうもらってもらえないなら保健所に連れて行くしかない…』と脅迫ゼリフをはいたのです。
そう、あたしたちにとってそれはとても聞きずてならない聞き逃せないセリフ。
よくよく聞くと夫婦二人共がかなりの鬱状態らしかった。
けど旦那のほうはかなりちゃんとした会社にいたようだから、かなりの退職金もあるようで奥さんも結構長い間仕事をしていたようだし、大きな一軒家も持ち家としているらしく、娘は看護師でどう考えても話を持ちかけていったその人よりはお金があるはず。

な、の、に!!

どこまでせこくてケチで強欲で身勝手な飼い主なんだろうか。
そのうち自分たちも娘に見捨てられのたれ死んでもらいたい。
結局知り合いはその犬を引き取り飼うことを決めたのだが…昼夜構わず野太い声で顔をみながら吠え、おこっても、なだめても全くききめなしで、散歩に連れて行けとか、おなかが空いたとか要求をするとかで…飼い続けるためにはやむなく声帯手術をするしかなくなって15歳にしてそんな事になってしまったわけなんですが…。
もともと飼い主がずっとほったらかしで働いていたらしくひたすら一匹で留守番をさせられていたのだから歳がいってだんだんわがままで頑固になってしまったんでしょうね。 近所からはかなりの苦情もきていて、自分たちはその原因を考えようともせず、ただ排除したかっただけなのです。

考えてみれば、そんな状況で何故そもそも犬を飼おうとするのだろうか…。
殆ど家にいないのなら飼わなきゃいいだろう。

犬はおもちゃじゃない。

感情のある動物なわけで、15年も寂しい思いをして挙げ句の果てに保健所で殺される所だったのです。
その犬を引き受けたその人はろくに躾もされていないその犬に事あるごとに噛まれているようで、かなりの傷なんだそうです。
今その犬は何とか手術のこともあり、おとなしくはしているようですが…。
正直、15歳にして飼い主が変わって痛いおもいさせられて…どうなんだろうー・・・そこの先住わんこたちは他に3匹。
老犬でみんなゆっくりしたいのに、ある日突然やたらうるさい犬がきて、安眠を妨害する。
たまったもんじゃない。  

-いい迷惑なはずー

そのシーズーはいったいどう思っているんだろう… 。
最後に、そこで暮らしたことを幸せだったと 思えるかなぁ…。  

-疑問です-

15歳にもなって飼えないと手放す位なら、あたしはいっそ飼い主が自分たちの責任でせめてお金を払い病院でその命を終わらせるべきなのではないかと思ったりする。
こういう時の安楽死がいいのか悪いのかは別として。
この年になって見捨てるということは、ある意味、殺してるも同然だと思うのです。
その年で犬は捨てられたなんてわからないわけで・・・もしかしたら、愛情は与えてもらえるかもしれないけど、環境自体がずっとストレスの中で生きていかなければならないかもしれない。
まぁ、もっともそんな自分勝手で無責任な飼い主が安楽死という判断に応じる事さえないだろうけど…。
ただあたしならその飼い主に言われるがまま、引き取るんではなく、何とか説得させて 一緒に病院に連れて行かせ、きちんと犬を抱いて最終のところまで見とどけさせるべきではないのだろうかと思うんです。
今までずっと一匹で過ごしてきて、ある日、急に飼い主や場所が変わり、ましてや周りに知らない大きな犬たちが何匹も居る中で暮らすことになるわけで、毎日寂しい思いはないにしても、果たしてそれは幸せなの?
そこにストレスは無いのだろうか・・・その犬にとっての穏やかで暖かい環境が用意してやれて、一匹のお部屋、せめて同居は二匹くらいまでであればそれはいいかもしれないけど、決していい環境とは言えないその中で、麻酔のリスクをかけて痛い思いをさせてまで、命を繋ぐことだけを優先的に考えたその人の行為はもちろん人道的であるにはかわりないし、責められる事ではないけれど…その犬にとっては…いいことなのか悪いことなのか・・・・考えてしまいます。

だいたい、そんな飼い主はあっさり犬が貰われて、単に『あ~よかった』と 何の罪の意識にも苛まれず、また普通に何事もなかったかのように暮らしていくことになるわけで、何の意味もない。
単純に考えたら勿論、命を救えた事はよかったといえるけど、それを取り巻くいろんな環境や他の犬たちの事を考えると、 素直には喜べない気持ちになります。

どうしても人は「犬そのもの」を見てしまうと『かわいそう』という目先の思いだけが先走りがちで 、安易に引き受けてしまいがちです。
ですが、それが時には他のものたちの環境や気持ちを大きく左右する事にもなりかねないし、それが知らず知らずのうちに飼い方の「質」を下げてしまうことの「引き金」になっていくことは忘れないでほしい。

陥りがちな多頭飼育の始まりであり、怖さでもあるのです。

もちろん周りの協力があり自分自身、金銭的、心身的にも余裕があるのであれば多頭になってもいいとは思うし、助けられる命はなるべくなら手を差し伸べてもらいたい。
ただ、常に何かがいっぱいいっぱいであるなら、それは辛いことだけど単なる偽善者、共倒れにならないためにも…やめた方がお互いのためでもあるということ。
あたし自身も日々、見極めを間違わないように携わっていかないと・・・と思ってる。

犬を救うことは大事。

ただ最悪な自分勝手な飼い主を(その中でも、ピンきりの悪質があるけど)野放し状態で、手助けしてしまうことは、更なる別の不幸を新たに生み出すことにもなりかねないということも考えないといけない。
だからこそ、そんな飼い主に時には「何か」を課せることも必要かと思うのです。
『犬を救って飼い主地獄に突き落とす』・・・・って言うのが理想ですけど。
なかなか地獄には落ちないところがみんなの病むところですよね。
ま、でも「死にざま」もしくは、「死後」はきっと・・・・・地獄でしょ?!

★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
****************************************
バザーに出店します。
場所:京都市役所前広場
    
日時:10月28日(日) 10:00~16:00 譲渡会と同日です

皆様是非お越し下さい。
雨天の場合は11月11日(日)に延期

また、商品が少なくなってきています。
頑張って売りますので、是非とも物資のご協力よろしくおねがい致します(送り先等の詳細は下記HP参照下さい)。
****************************************
毎月恒例の譲渡会を開催致します。
日時:10月28日(日) 11:00~16:00 バザーと同日です
場所:こちらをご覧下さい。

会場は屋根付きのため雨天も実施致します。
****************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-23 22:36 | 怒り

元・山の犬シロ

久しぶりにシロに会いに行って、支援者S様からいただきましたフードと缶詰を届けさせて頂きました。
脱走してからというものは、夜から朝までは猫さんと先住わんことのまったり生活に馴染み、家犬であることの心地よさを少しは理解してくれるようになったのか、また顔つきが優しくなってました。
f0146804_21304291.jpg

f0146804_21304426.jpg

f0146804_21304659.jpg

大嫌いだったカメラにも何となく目をあわせてくれたりとかして026.gif
シロ~っていうと近寄ってきて匂いを嗅ぎにきてくれて、玄関先に降りて来てくれてあたしのよこでゴロンと横になってくれてあたしと預かり様の話を聞いているかのようで笑ってしまいました。
あたしが、頭や胸をなでても首から背中をマッサージしたりしても全然嫌がらずじっと気持ちよさそうにしてくれてました
f0146804_21304759.jpg

f0146804_21304929.jpg

顔つきは決してかわいいとは言えませんが~026.gif
でも、何かとてもかわいくてギュ~ってしたい気持ちでしたが、多分噛まれるのであきらめました。
もしもあたしんちに置いていたとしたら、きっとやっていたと思いますが…たまに来るくらいのアタシには、シロはそこまではきっと心許してはくれないでしょうからね。
残念です。

【お礼】
水田様、バザー物資とご寄付ありがとうございました。
吉田様、バザー物資提供ありがとうございました。

★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
****************************************
バザーに出店します。
場所:京都市役所前広場
    
日時:10月28日(日) 10:00~16:00 譲渡会と同日です

皆様是非お越し下さい。
雨天の場合は11月11日(日)に延期

また、商品が少なくなってきています。
頑張って売りますので、是非とも物資のご協力よろしくおねがい致します(送り先等の詳細は下記HP参照下さい)。
****************************************
毎月恒例の譲渡会を開催致します。
日時:10月28日(日) 11:00~16:00 バザーと同日です
場所:こちらをご覧下さい。

会場は屋根付きのため雨天も実施致します。
****************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-21 21:32 | 雑記

アライブニュースの紹介

↓以下は[ALIVE-news]より転載です↓

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆クマ保護施設が立退きの危機┃2012.10.17
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Animals Asiaより緊急ニュースとして連絡がありましたので
お知らせします。Animals Asiaはベトナムにクマ牧場から
レスキューをしたクマたちのサンクチュアリを
Tam Dao National Parkにもっていますが、その立ち退き
命令が出ているとのことです。

私たちにできることは以下の方法があります。
①首相に手紙を送る
②署名にサインをする
③ソーシャルネットワークを使いこの件を拡散する

①ベトナム首相の手紙の送信は以下のサイトに行きます。
http://www.animalsasia.org/index.php?UID=7PL8339IUCX

中央に以下のセンテンスがあるので、クリックをすると
メールが立ち上がりますので、そのまま下に英語で名前を
記入して送るだけです。

1. Email The Honourable Prime Minister Mr Nguyen Tan Dung
<手紙の内容を以下に和訳しました>
グエン・タン・ズン首相殿

タイ政府によりTam Dao National Parkのある世界レベルでも
大規模なAnimals Asiaのベアサンクチュアリが立ち退き強い
られていることを知りこの手紙を書いております。

Animals Asiaとタイ政府の間で、Tam Dao National Parkの
12ヘクタールは永久的に200頭のクマを違法なクマ牧場から保護し、
レスキューセンターとしてリハビリテーション施設と使うことで
同意を交わしています。この立ち退き令はそれに反する行為です。

立ち退きをし閉鎖に至ると、現在いる104頭のクマの居場所が
なくなり、77名の従業員が失職し、US$2百万のロスを
Animals Asiaに与えることになります。
どうかこのAnimals Asiaに対する立ち退き令を撤回し、
取り交わしている同意を誠意を持って守ってください。

(名前を英語で記入ください)


②署名をする方法です。
2. Sign our petition これをクリックする署名もできます。

③ソーシャルネットワークを使いこの件を拡散する方法です。
3. Spread the word  Email your friends  Share it on Facebook
これはソーシャルメディアなどで広くニュースを
拡散したい方向けです。
皆様、どうぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

---------------------------------------------------------------
■以下、Animals Asiaウェブサイト記事
(原文より一部割愛し翻訳)
http://www.animalsasia.org/index.php?UID=HNL6E4VTP0D
---------------------------------------------------------------
ベトナムのクマ保護施設が立ち退きの危機に直面

アニマルアジアが持つベトナムのタムダオ国立公園内の
ベアレスキューセンターが立ち退きの危機に直面している。
これは公園の責任者、ドゥ・ディン・ティエン氏の強い
圧力によるものである。

10月5日(金)国防省の指令により、農業農村開発省
(MARD)はアニマルアジアに対しレスキューセンターで保護
されている104頭のクマとセンター自体の立ち退き令を出した。
これはティエン氏のロビー活動によるもので、国防省はレス
キューセンターの土地を“国立重要地”に使用するとしている。

ティエン氏は2011年の4月よりアニマルアジアに、センターの
土地を放棄するように圧力をかけていた。自分の娘が投資を
しているツロング・ジァング・タムダオ・ジョイントストック社
にその土地を渡すためのようだ。同社は既にこの土地で
“エコツアリズムパーク”の開発と、ホテルを建設するべく
申請を出している。

立ち退きにより以下の影響が出る。
●ベトナムのクマ牧場や密猟から保護された104頭のクマの
居場所がなくなる
●77名のスタッフが職を失う
●US$2百万をかけて作ったサンクチュアリがなくなる

レスキューセンターに経済を頼っている地元も大きな打撃を
受ける。またクマ牧場の廃止に尽力をするというベトナム政
府の約束にも不信感が募る。

この立ち退きは、2005年にベトナム政府がアニマルアジアと
交わした同意に真っ向から反するもの。同意は公園内の12ヘ
クタールの土地を利用し、レスキューセンターとして施設を
建築すること、そこで違法に熊胆のために使用されたクマを
200頭収容できる施設にすることであった。この同意をもと
に、アニマルアジアは建設費を2億5千万円以上かけて施設
を建てた。
レスキューセンターには、現在104頭のクマが生活している。
小さなケージに閉じ込められ、熊胆生産に使われていたクマ
たちが、数年かけてリハビリしトラウマ状態から次第に快復
してきている。移動のために、このクマたちは再度ケージに
入れられ、再び身体的、精神的な苦痛とストレスを味わうこ
とになる。新しい施設建設には、少なくとも2年は必要であ
るため、クマたちはまた長期間ケージでの生活を強いられる
ことになる。
最終決断はベトナム首相のもとに行き、そこで下る。しかし、
国防省は非常に力を持った機関であり、首相も強制的に立ち
退きに同意することになるかもしれない。
“グエン・タン・ズン首相が2008年に発した指令が公園の責
任者により覆されようとしていること、またティエン氏がか
げで国防省に影響を与えていることも気づくべきである。
これは国防の問題ではなく、金儲けの話である。ティエン氏
は、首相がクマ牧場で虐待されていたクマの保護をするため
に、使用を約束をした土地を私欲のために使おうとしている。”
“センターを立ち退のかせると、自分の娘がプロフィットを
出せるのだ。そんな人間に権力を与えてはならない。”

アニマルアジア ベトナム ディレクター
チュアン・ベネディセン 
---------------------------------------------------------------

↑転載ここまで↑

【お礼】
きららの楽譜棚様、ご寄付ありがとうございますm(_ _)m

★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
****************************************
バザーに出店します。
場所:京都市役所前広場
    
日時:10月28日(日) 10:00~16:00 譲渡会と同日です

皆様是非お越し下さい。
雨天の場合は11月11日(日)に延期

また、商品が少なくなってきています。
頑張って売りますので、是非とも物資のご協力よろしくおねがい致します(送り先等の詳細は下記HP参照下さい)。
****************************************
毎月恒例の譲渡会を開催致します。
日時:10月28日(日) 11:00~16:00 バザーと同日です
場所:こちらをご覧下さい。

会場は屋根付きのため雨天も実施致します。
****************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-19 21:43 | ニュース紹介

ネットで拾った動物関連ニュース

被災地の犬も心に傷 麻布大、ホルモン値から判断
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121015-00000004-asahi-sci

少女守り負傷の犬、手術のため米国へ
http://news.tbs.co.jp/20121014/newseye/tbs_newseye5155926.html

行方不明の犬、5年ぶりに飼い主の元に
http://www.youtube.com/watch?v=Pr1YqLeloXM

飼い主に助けられた犬、赤ちゃん救う
http://www.youtube.com/watch?v=AqsSFpyf3wA

【お礼】
S様いつもご支援ありがとうございますm(_ _)m
シート&シロ療養食フード、山の猫フードに頂きました。

横江様、ご寄付ありがとうございますm(_ _)m

★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
****************************************
バザーに出店します。
場所:京都市役所前広場
    
日時:10月28日(日) 10:00~16:00 譲渡会と同日です

皆様是非お越し下さい。
雨天の場合は11月11日(日)に延期

また、商品が少なくなってきています。
頑張って売りますので、是非とも物資のご協力よろしくおねがい致します(送り先等の詳細は下記HP参照下さい)。
****************************************
毎月恒例の譲渡会を開催致します。
日時:10月28日(日) 11:00~16:00 バザーと同日です
場所:こちらをご覧下さい。

会場は屋根付きのため雨天も実施致します。
****************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-17 21:42 | ニュース紹介

最近のシロ

先住犬の老犬プーちゃんと、新顔?!野良っちだった黒猫さんとスリーショット!
f0146804_21543389.jpg

シロは人以外にはほんとに優しい穏やかな犬です。
あんな山に捨てられさえしてなければ、飼い主にはいつも忠実なわんこだったんでしょうね…。
シロが人間不信にさせられたこと…残念です025.gif
f0146804_21543722.jpg

シロは捕獲してからずっと定期的にオシッコ検査をしてもらってます。
シュウ酸とストルバイト、今回はいづれもマイナスだった。
あの子にできる検査といえば、尿とウンチくらいなもので、食べ物に気を遣ってやることくらいですからね。
せめてそこの管理だけでも、ってやってもらってます。

★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
***************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-15 21:56 | 活動日記

数年前の京都の多頭飼育現場

もう八年以上になるでしょうか…詳しくは過去の活動(参照)京都の多頭飼育崩壊、当時80頭ほどの犬が居た大変な現場でした。
毎日毎日暑い日も寒い日も犬の世話に通いつめ、いろんな事で思い悩んだ現場でした。 土地がなくなると言うことで犬達はこのままでは保健所行きだといわれ、あたしたちは最悪でも保健所での処分はさせないと心に誓い、最悪安楽死をしなければならないかもしれないと覚悟したあの時。
でも、京都から三重に犬達を移動する事ができ六年を経て犬たちも残り一匹となり、当時一番若かった子が最後の一匹となり今も数年頑張っています。
今はその時のお世話人の方がご自宅で普通の飼い犬としていつか近い将来来るであろう、最期の時まで一緒に居てくれることになってます。
f0146804_0235711.jpg

f0146804_0235944.jpg


この前、その[最後の一匹]のこうチャンが肥満細胞腫になって手術をうけたので、当時のメンバー4人と三重まで会いに行ってきたのです。
もう14歳になりますからね… 数年ぶりに会ったこうチャンは すっかり白髪だらけになり老けてしまって …
三重に月1で通って居た頃はあたしたちが行くと雄叫びをあげてあんなに喜んでお迎えしてくれてたのに…そんなこともすっかり忘れてしまったかのように…無表情で、知らない人たちが来たから嫌…みたいに外に出て犬小屋にこもってしまいました。

f0146804_024481.jpg

f0146804_0235580.jpg


時の流れにすごい寂しさを感じました。

犬の一年がどんなに早いかということを…。
こうチャンは里親に何度か出されたことがありましたが、犬の群の中でずっと育ってきたこうチャンはとても普通の生活ができず、泣き叫び戻ってきました。
だからそれ以降にうちで少し、慣らしのために預かりをして様子見をしたことがありました。
頭のすごくいい子だったため、あたしが連れ帰った時は殆ど泣くこともなかった。
あの頃が懐かしい…。
こうチャンには、みんなの分も少しでも穏やかに長く生きてほしいと思います。

★物資ご協力のお願い
詳しくはこちらの記事をご覧ください
***************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2012-10-13 23:58 | 過去の日記



京都を拠点とする犬・猫のレスキュー日誌
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venushack.co..
from venushack.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧