大波の会 日記

タグ:安楽死 ( 2 ) タグの人気記事

9月13日のゴンの死

【注意】偽・大波の会が出没しています
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

↓以下が日記の本文です↓

ゴンは、先日長く辛いてんかん発作のようなものを初めて一時間にわたり起こした。
あまりにも目の当たりに見ていたゴンの一時預かりをしてくれている友人は、この長い真夜中が明けたら病院で先生に安楽死を今度こそお願いするつもりでいたと。

長い夜が明け、朝に病院へ行くと…
すでにその発作は収まっていたし、多少落ち着いている様子だったがために、その決心がつかずに ひとまず病院に預けて点滴を頼んだ。
f0146804_20261533.jpg

だけど、もうゴンは明らかに前のゴンではなかった。
夕方、あたしが病院へ見に行くと、ゴンはされるがままに点滴をされた状態でそこに横たわっていた。
もうあたしが呼びかけても触れても、起きあがることも頭を持ち上げることもできず、ただ早い苦しそうな息をして目だけこちらを見ようとしていた。

「もう頑張らなくていいから… 」

あたしは、撫でながらそう言った。

「すでに何匹も向こうで仲間のわんこ達が待ってるから安心して逝けばいいから…」と伝えた。

ゴンはペロペロと舌をだして、少しさみしいのか痛いのか、時折鼻をならしてた。

このまま 病院で、たとえ一泊でも一人にはさせたくない…
真夜中 もしもまた発作が起こったら…?
そう考えると不安になった。
きっとゴンはその数倍も不安だったに違いない。

預かりをしてくれてる友人と相談した。
彼女は明日あたしが決心しようとしたことに同意してくれた。
そして、それならば今日はどうしても家に置いて大好きな2人の寝室に一緒に寝かせてやりたいと言って、夜病院から連れて帰ってくれることを約束してくれた。

どんなにつらい現実が明日までにやってくるかはわからないけど、そうならないことを願って、ただただ、ゴンが寂しくないように…
それしかあたし達にはもう思いつかなかった。

  明日になれば…

               さよなら―。

まだ少しは続くかもしれない寿命を、あたし達人間の勝手な思いで終わらせることはよくないことかもしれない。
安楽死…という賛否両論ある決断の中、いつもそれが正しいことなのかどうかは答えはでないけど、
人の元で暮らし、家族として過ごしてきた動物達が、けっして良くはならない、治ることのない病気に苛まれたとき、少しでも苦しまないように、楽にしてやる手段として選んだ選択肢だけにすぎない。

あたしは、安楽死は最後の究極の医療行為だとおもってる。

先生は、あたし達の活動をよく理解してくれていて、いつも「その時期(とき)」が間違ったものではないかも話をした上で引き受けて頂いています。
それが・・・その行為が嫌なことに決まってるのに、獣医という立場上、先生でしかできないその行為をきちんとした形で遂行していただく…
それは本当に有り難いことで、感謝しきれない思いです。

ゴンを連れて帰って来るときに点滴をしていたときの静脈確保。
万が一のてんかんがまた夜中に起こったらと、ゴンに負担がないように、すでにもう坐薬がきかなくなっていたから、直ぐに薬を入れられるようにと…
そのままにしておいてくれて、あたし達の不安な気持ちを計らってくれていた。
f0146804_20273759.jpg

f0146804_20272278.jpg

そんな中、ゴンは真夜中やはり二時間間隔でてんかんを起こしていたらしい。
朝、あたしが向こうの自宅に会いにいったときには病院に居るときより安らかに見えた。

彼女と更に話しをした。
f0146804_20271878.jpg

あたしは最後になるかもしれないゴンに、少しでも何かを味合わせたくてa/dを持っていき、口元に運んでみた。
今まで見向きもしなかったらしいのに、不思議にもペロリと半缶たべてくれた。
それを機に彼女の差し出した他の缶詰も3口くらい食べたんです。
まだ少し食べたそうではあったけど、ゴンは消化器系に腫瘍が考えられるため、また食べた後、胃腸が動き出したりするので、もしそれが、痛みの原因にでもなると怖いので、それでやめることにした。
その後、ゴンは少しトイレに行きたいのか四つ脚をバタバタさせては起きあがりたそうにして暴れたので、介護用具をつけてお庭にだしてもらうことに…。
でも、結局しなくて少し立たせてみたけどしなくて、またお部屋に入って…。
f0146804_20272663.jpg

f0146804_202439.jpg

そんなこんなでゴンはお腹もふくれて少し疲れたのか、満足して落ち着いてすごく心地よい感じに眠りはじめようとしていたんです。

  ダメだ… 。
  こんな感じなら、もう少し一緒にいられるんじゃないか…
  三人の決心が鈍る・・・・
  そして彼女が、今日はなしだな…ってつぶやく。

ーでも、あたしは、この後にまた波があって、苦しい、いろんなことが起こってくるであろうってこともわかってた。ー

だからここで決めた決心を揺るがし、また先延ばしすることもできないってこともよくわかって。
そんなとき、その決心が間違いないって後押しするように、あたしの目の前でゴンはてんかん発作をおこした。
あたしはてんかん発作?!のような症状を目の当たりに見たのが初めてなので、こんなに苦しそうに 形相がかわるくらい過酷な発作なのだと改めて思い知った。

 「もう…やっぱり終わりにしてやって…」
   あたしはそう言うしかなかった。

いつもよりは発作は短かったものの、意識はしっかりしてそうなだけに苦しそうにしていたし、治まった後も呼吸が荒く疲れ切っていた。

  やっぱり…きたね。

あの安らかな眠りのまま永遠の眠りについてくれたなら、どんなにうれしいことだったか…

けどね ー・・・・
まず、そんなこと、無理なんだよね。

-ゴンの生命力の強さを少し呪いたかった…。 ー

このままでは楽には死ねそうにないね、ゴン…。

先生はここの家に来てくれると約束してくれたけど、約束の時間よりかなり手術が押して、あたしは結局仕事にどうしても行かなきゃならなくて、最低なことに、その場を夫婦に任せることになり、立ち会うことができなくなった。

最後の責任が果たせなくてゴンを看取れなかったことに大きな悔いが残った。
なるべくせめて、ゴンが今までどおり、不安のないように、逝かせてやりたい・・・・

ささやかな最後のあたし達の思いだった。

あたしがいなくなった後、先生が到着し、先生が何度も何度も「ほんとにいいんですか?」と言う問いに、彼女はなかなかハイとも言えず、彼が「お願いします」と伝えたという…。

   ものの数秒…・・・・

ゴンの意識がなくなって・・・それからまもなく心臓がとまった…。

ゴンは、腎不全による尿毒症からくるてんかん発作というより、ガンが脳に転移しておこってくる てんかん発作のようなものではないかということでした。

彼女から聞いた事実。
看取れなかったあたしの後悔…。

   ゴンは楽になりました。

   静かに 向こうに逝きました。
f0146804_20252791.jpg

f0146804_20234342.jpg

あの子の半生は不幸に満ちたものだったけど、 晩年は本当にのびのびとわがままに自由に暮らすことができました。

噛みつき、吠えまくり、尻癖が悪い…の三拍子そろった悪悪な子で、放棄され、レスキューするのもやっとの子だった。
誰もが受け入れられにくいこの犬を、最後の居場所としておいてもらったのがここだった。

ゴンに代わって心から感謝します。
ゴンを救ってくれてありがとう。

預かりではあったけど、ゴンは心から慕い、悪さをして怒られて荒っぽく扱われることも、むしろ遊んでもらってるくらいにはしゃいで喜び、旦那さんが大好きだった。

あたしが出会ったレスキュー犬の中でも本当に大変な犬の中の一匹だったけど、あんなに頭が良く ノー天気で、いつまでもやることが無邪気な犬はいなかったかもしれない。

    当時のガウガウの恐ろしい犬だったころのゴンの姿が蘇る。

晩年は、、、、食べ物に関しては執着があり、噛むこともあったけど、最後は家が大好きで、まったり寝てばかりの本当に穏やかな犬になったものだね。。。

預かりの夫婦は先日、先住犬の,ピレを看取ったばかりなのに・・・・

    また二人にはポッカリ穴が空きました。

ゴンは、死後1日お家に置いてもらって、次の日、火葬に行って、昨日、お骨になって戻ってきました。
f0146804_20255549.jpg

f0146804_20254252.jpg

安らかに・・・・・・眠ってください。

ゴン・・・みんなによろしく。。。。。

生前のゴンです
f0146804_20233929.jpg

f0146804_20234165.jpg


****************************************
皆様からの温かいご支援をお願いしています。
是非大波の会ホームページもご覧下さい。

[PR]
by onaminokai | 2013-09-15 20:37 | 里親募集 【犬】

地域猫だった「こてつ」について

以前住んでた近所の地域猫だったこてつ。

4月12日こてつの容態の急変のご報告を活動日記の最期に、改めて・・・といいつつ詳しい報告ができず、今日まで思い起こすことをずっと先延ばしにしてきたので、ご心配していただいてきた皆様に報告が遅れましたことをお詫びいたします。。

以前の日記はこちら参照→()()()()(

-4月13日の夜、こてつは安楽死というあたし達の選択により、病院にて、ずっと関わってきた3人で見守る中、眠りにつかせました-

思い起こせば、昔、たしか5年~7年くらい前にあたしがこの猫を去勢手術をしたときは、完全な野良で、捕獲器で捕まえたと記憶している。
当時のあたしは餌をやっていたわけでもなくて、ただ自分がその近辺に引っ越してきた時にえらくたくさんの野良が目に付いて、もう10年以上前のある暑い夏の朝、自分が捨てられてた「へその緒のついた子猫」を5匹拾ってしまったことで、また、いつこういった事で、自分が拾わなければいけない羽目になるかもしれないという危機感で、当時まだこんな活動をしていなかったあたしは、人を通して、活動していたボランティアさんを紹介してもらって、その人に教えてもらったようにそこらへんにいた子を餌付けして、片っ端から捕獲器で捕まえて、とにかくせめて自分の「みじかなところで増やさないこと」に専念していた。
新入りを見つけたら、捕獲し、避妊去勢を施した。
何年もかけてやっと数匹になって、こてつもその中のうちの1匹だった。

術後、いなくなった子も多い中で、こてつも姿を消していたうちの1匹だったが、また数年後どういうわけかそのうち見かけるようになり、どんどんなつっこい子になっていった。
後で知ったのですが、近所の人が自分の家の前で餌やりをしていて、寝床まで用意してもらって、ほとんどそこに毎日いるようになり、半ばそこのお宅の飼い猫状態になっていたんですが・・・。

ある寒い寒い冬の日、そこの家族は引っ越していった。

こてつともう1匹を置き去りにしてー。

もう1匹はあたしたちには全くなついてない猫だったため、ダブルキャリアもあったようで、風邪をこじらせどんどん悪化して、1ヶ月もしないうちに姿を消した。  

  -  多分死んだんだろう・・・  -

こてつは幸いとても人懐っこかったために、そんなこてつをみんな不憫に思い、何かと気にかけ、通りすがりの人からも餌をもらったりしていた。
けどそんなこともみんな長くは続かず、はじめだけだったので、こてつはだんだん痩せてきてその家を離れ、あたし達のほうに来るようになったので、うちともう1ヶ所で面倒を見ていくことに決めたのです。

それから数年。
怪我をすれば病院に、風邪を引けば病院にと。。。外猫、野良ッチではあったけど、ほとんど飼い猫のような待遇はされていたと思う。

そんなこてつの最期は、食べても食べても痩せてきておかしいなと検査をしたら、もともとエイズキャリアということもあったけど、腎不全になっていて、食欲もなくなり元気もなくなってきたので、とうとうあたしは家に入れ込むことに決めたのです。
はじめは外に出たがってはいたけど、見る見る弱っていくにつれそんなことも全くなくなった。
1週間から2週間ごとの点滴から始まり、ついには毎日の点滴となった。

「春までもつかどうか・・・・」

という先生の2ヶ月余命宣告を受けた。

桜が満開になり、これからがこてつにとっての気持ちいい季節になるのに・・・と、少しの復活を願うも、それはかなわぬ願いだった。

桜が散って行くころ、こてつにもお迎えが近づいていた。

こてつは自宅でちょうどあたしが見てる前で、力尽きるように倒れこみ、それからは一気に何も食べなくなり、水さえも拒んだ。
もう自分では寝返りさえも打てなくなって、寝たきりになった。
その日、こてつはほとんど瞬きもしなくなり、なでてもなでても、まぶたを閉じようとしなくなり、これはもう長くないなと確信した。

一晩付き添って横で眠ることにした。

何度も起きて熟睡は当然できなかったし、見るたび、呼吸があるかどうか目を凝らしてみた。
とても穏やかな呼吸で、見た目には特には苦しそうには見えなかったけど、時折見せる、のどに何か詰まるような、えづきを見せるようなしぐさが気になって、貧血のひどい状態だということもあったし、やっぱりしんどいに違いなかったのだろう。

朝起きてこのまま楽そうに?息を引き取ってくれるなら・・・・
そう願ったけど、朝が来てもこてつは同じようにがんばってた。
虫の息になって行くようなこてつ。
きっとこのまま何もしなくても、2~3日はもたないだろうし、自然死を待てばよかったのかもしれない。
でも、そこにいったいどんな意味があるのだろう・・・・
あたし一人の意見では決められないし、最期まで責任を一緒にとってくれようとした近所の人と、そして、置き去りにしていった、元半ば飼い主。(長くないと知らせてからは責任を感じていたのか、あたしが病院に行けないときには代わりに病院にもいってくれたし、最期は本当によくやってくれた。)

3人で話し合った。

こてつにとっての今一番はなんなのか・・・

もうこれ以上、もし苦しくなったとしても、もう病院では何もしてやれる治療がない。
楽にしてやれるあたし達のできる病院での最後の治療・・・
それが、安楽死という選択肢でみんなの意見は一致した。

毎日点滴の針を刺されて耐えてるこてつを見てきた元半飼い主。
この人も普通の人で、日に日に弱っていくこてつの姿を今回ずっとリアルタイムであたしと一緒に見続けてきた人。

     -こてつには少しでも楽になってもらいたい-

    -もう耐えなくてもいいからゆっくり休んでほしい-

2人共、レスキュー活動してる人ではないわけで、当然あたしとは違うので、もちろん、今までに経験したことの無いいろんな葛藤があったはず。
2人が反対したらあたしが一人で押し切ってできることではなかったし。
決断してしまったなら、その時そこから、もうこてつはこの世からいなくなり、二度と「生きてるこてつ」には会えなくなるという、とてつもない寂しさが押し寄せてくるであろうこともまだ知らないわけで、たぶん、理解はされないだろうとは思っていたけど・・・・

その時2人は一切反対はしなかった。

安楽死というのは簡単には決められないことだし、その決断のタイミングは難しい。
賛否両論ある中で、あたしは、この2人が理解してくれたことは、本当にありがたかったと思ってる。
そのおかげでこてつは一切苦しみ無く、ものの数秒で安らかに眠りにつくことができたのだから。
2人にとってはとても哀しい思いだったかもしれないし、罪悪感もきっとあったことでしょう。
でも、これからの2人の動物との暮らしの中で(2人とも共に拾った猫を飼っている)、いつかまた動物が治らない病気になって、こういった決断をするかしないか、という時がきっと来るはず。
そんな時に、無駄に苦しめなくてもいい方法があるんだということ。

痛み・苦しみから解放してあげられる

唯一人間が取れる究極の選択肢が安楽死だということに気づいてもらえたらと思う。
それには十分な知識と経験を持った、優しい獣医さんの協力なくしてはできないということ。
日ごろから、先生とコミュニケーションを計り、いざというときに拒否され困ることの無いように信頼を深めていってほしいと願います。

こてつのために、最期の究極の医療行為をしていただいた先生には心から感謝いたします。

こてつは近所のみんなからかわいがられ、愛された幸せな最高の野良っちだったんだとおもいます。
ある時、町内の話し合いが外であり、10人くらいのみんなが輪になって話をしていた時や、近所の子供たちがままごと遊びをしていたとき、いつも何処からともなくやってきて、その輪の中心に座り、ジーッと話を聞き、自分も仲間に入っていたこと・・・・
そんな光景が今でも目に焼きついてる。
みんなを和ませてくれた「こてつ」は、 ずっとみんなの心に残ってるはず。

14日、土曜日、火葬にはそれぞれの近所の子供達もついてきてくれて、みんなで見送った後、お骨を拾って連れ帰ってきました。
どうしても元、半分飼い主状態だった方が、大学で、東京に行ってる息子がこてつをかわいがっていたので、息子が帰ってくるまでお骨を預かって、こてつに会わせたいというので、未だにしばらくは納骨を見合わせている状態ですが、その方の気が済んだら、もどしてもらって、先に向こうの世界に行ってるみんなと同じ場所であるお寺さんに預けたいと思っています。

         こてつ、やすらかに・・・・。   
             そしてありがとう。

P.S.
こてつのためにいろいろと物資をお送りくださった皆様、寄付を下さった方、
お世話になりました。
改めて感謝申し上げます。


★まだ腎不全になっていなくて、ふっくらして元気で外で暮らしてた頃 こてつが連れてきた新しい相棒と。
f0146804_21292310.jpg

★まだ少し食べれて元気だった頃
f0146804_21292881.jpg

★動けなくなった日
f0146804_21294545.jpg

★最後の草の上での日向ぼっこ
f0146804_21294344.jpg

★満開の桜の木の下で
f0146804_21294016.jpg

★火葬場にて
f0146804_21294720.jpg


【物資ご協力のお願い】
★山のシロ用フード
(オシッコの問題があり現在ペーパーコントロールになりました)
ロイヤルカナン犬用phコントロール・スペシャル→こちらから購入できます
ロイヤルカナン犬用phコントロール→こちらから購入できます
ロイヤルカナン犬用phコントロール・ライト→こちらから購入できます
f0146804_2140747.jpg


★山の犬ししまる用ペットシート
デオシートのスーパーワイド60×90
f0146804_2140552.jpg

(毎月7~8袋必要となっています)
かなりまとまった量のオシッコをするので吸収率の高い分厚いものでないと床にしみてしまいますので、薄いものだと二枚敷しないといけない状況となります。
販売店参考はこちら
ご協力よろしくお願い致しますm(_ _)m

バザーで使う、日よけのパラソルは寄付していただけることになりましたので募集を中止いたします(詳細はこちらへ)。
****************************************
毎月恒例の譲渡会を開催致します。
日時:6月24日(日) 11:00~16:00
場所:こちらをご覧下さい。

会場は屋根付きのため雨天も実施致します。

****************************************
[PR]
by onaminokai | 2012-06-20 21:41 | 雑記



京都を拠点とする犬・猫のレスキュー日誌
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venushack.co..
from venushack.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧